「 KDL生活 / Life」のアーカイブを表示中です。

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|女性ドライバーの可能性 / Possibility of Female Driver

2016-01-12 (国際デザイン・ラボ(KDL), 日常生活 / Daily life)

010_61IMAG1913

現地で生活をする日本人は、ジャカルタに限らず、公共交通機関の貧弱な都市部において、近所の目的地に移動するのに徒歩ではなく、車を利用することは周知の通りですが、そのことにまつわる交通問題とは異なる生活上の問題も現地にいると耳に入ってくることも多い。

今回はジャカルタに暮らす駐在員妻(ニョニャ)の日常生活に関わる問題を取り上げてみたい。
もちろん、一部の人たちに起こることであることを先に言っておきたいが、可能性として各人にありえる事として、「運転手とのトラブル」。
ドライバーを巡っては、仕事ぶりが日本人には目に付く所が多く、不平不満につながることがよくある。ここでは副次的に生じる問題をヒントにジャカルタならではのビジネス展開を考えてみたい。

比較的若い男性ドライバーと日本人の奥様(ニョニャ)との男女関係の話は意外と身近に話を聞く問題。シリアスな問題で家庭崩壊にもつながる故に、現地駐在員の男性にも無関心でいられず、社員の家庭環境を保つ側の会社としても取り組むべきポイントではないだろうか?

そこで最近、日本ではしばしば出会う女性ドライバーをジャカルタ駐在ニョニャのドライバーに採用すれば、その手の問題はクリア出来、さらにオプションで子守りや家事といった生活支援も可能であったり、女性同士であることから生活や趣向にフィットする情報を共有しやすい。

そこで、インドネシア人にヒアリングし、何故現状で女性ドライバーを見かけないのか?
調査をしてみた。
結果はやはりお国柄がでるようで、車内は安全になっても車外との関係で安全性に問題、さらに運転は女性が好む仕事ではない、拘束時間が長いから等、ということだった。
詰めていく課題は多いが人材教育や業務上のルールづくりも含め、インドネシアでの女性ドライバーを活用したビジネス、発展させていく価値ありということで、まずはトライアル事業として既に取り組み始めている。

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|産業~消費市場 Consumer market

2015-12-29 (インドネシア, 国際デザイン・ラボ(KDL), 日常生活 / Daily life, 消費市場 / Consumer Market, 生活, KDL生活 / Life, KDL経済 / Economy)

Tile05

人口2億5千万人のインドネシアの国内向け産業は進出日系企業にとっての主なターゲットとなっている。人口ボーナス期も今後20年程は継続する状況から消費者向けの内需産業への投資は拡大している。新規に建設される工場の種別も鉄鋼や自動車といった工業関連から一般消費者向けの食品関連の案件が増加傾向にある。

人口分布で見ると、ジャワ島が全体の60%にあたる1億4000万人、次いでスマトラ島が4800万人と偏った分布となっている。ジャワ島だけで日本全体とほぼ同じ人口と考えると、コンパクトにまとまっている感もあるが、インフラや物流システムの未整備を考慮にいれると、今後流通など効率化が期待できる分野の開発が期待できるマーケットといえる。

中間層下位(年間可処分所得 USD 5000~USD 15000)が貧困層(USD 5000以下)の人口を上回り、2020年には全世帯数の50%を超える見通しとなっている。

さらに中間層上位(年間可処分所得USD 15000~USD 35000)の人口も全世帯数の20%を超える見通しで、それらの層に対応した消費者向け金融やeコマースビジネスも活発に行われ出している。

一般消費者向けのマーケットとしては、加工包装食品市場、飲料市場、化粧品・浴用用品市場の拡大が特筆できる。

商品販売の場所としては、伝統的な場所(パサールやワルンなど)と近代的な場所(モールやスーパーマーケットなど)に大別できるが、売上高ベースの60%程度が近代的な場所で販売されている。残りの40%程度は伝統的なシステムで取引されている現実も念頭にいれておく必要がある。
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|子供の遊び場 / Playground for Children

2015-10-01 (公私空間 / Private, Public space, 国際デザイン・ラボ(KDL), 日常生活 / Daily life, 行政 / Administration, KDL都市空間 / Urban & public space)

ジャカルタの敏腕知事アホック氏は、市民生活者の視点に立った施策をスピーディーに行うことで評価が高く人気があります。JAKARTA POST に記載されていた、子供の遊び場に対する記事で、「the development of the Child Friendly Integrated Public Spaces (RPTRA) project 」が今年中に54施設の設置が完了し、150もの用地を確保するという。

ジャカルタの中心街であれば歩道らしきスペースを道路脇に見ることができるが、その機能を果たしているとは言い難い状況です。(他記事を参照)大きな穴が開いていたり、バリアフリーでなく、自転車すらも通過できない。中心街を外れれば、雨水(下水)側溝の蓋の上を歩道として使えればまだ良いレベルで、基本的に歩道はない。

Pedestrian01-1

これらのことから、日本では当たり前の物事がインドネシアの首都ジャカルタでは未整備、未開発といった現状。日本から来た現代人であれば、生活の不便として即座に認識できることがゴロゴロと転がっており、ビジネスにできる資源にあふれています。

高度成長期(ジャカルタの現状に似ている。私の幼少期)日本には、遊具の安全は遊ぶ側の責任によって保たれていましたが、最近では過保護な子供にも対応した安全性に配慮した遊具開発は必須となっており、各メーカーの技術開発は日々進化していると感じられます。

インドネシアも同様の過程を経るかどうかはともかく(国民性ゆえ?)、子供の安全への配慮、公園と近隣住宅地、特に歩行者空間との関係については、日本標準のノウハウは十分活かせます。インドネシア人も知れば納得するでしょう。

最後に、日本国内で新規ビジネスフィールドを無理やり見つけ出してビジネスに乗せようとする風潮も感じられますが、今までに日本が積み上げてきた生活や技術を、新興国である現地で適用するというビジネスも十分にチャンスがあり、意義のある新規ビジネス、新規フィールドであると感じます。もちろん、その際には適切なローカルエンジニアリングというプロジェクトマネージメントが必要になりますが。
いかがでしょうか?

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|レバラン・ニューイヤー / Lebaran・New year

2015-07-12 (Retual, お祭り・儀式 / Festival, 国際デザイン・ラボ(KDL))

ムスリムとクリスチャンの記事でも触れましたが、インドネシアでは、イスラム、キリスト、ヒンズー、仏教の多宗教への配慮からか国民の祝日がそれぞれの宗教に配慮した記念日に設定されています。中でも、レバラン(断食明け)とニューイヤーは特に盛り上がります。そのシーズンには、日本のお歳暮にも似たギフトが街中で売られ、仕事付き合いの方々からも多くのギフトを頂くようになります。(↓写真)ひとつひとつは高価でもないものも盛り合わせラッピングすると立派に見えます。
IMAG1893
そして、当日には花火が街中の彼方此方で沢山打ち上げられ大騒ぎになります。その後の数日は渋滞もない静かな街になります。他にも犠牲祭の時には、街中で牛や羊が生贄として捌かれ、日本では見られない生々しい光景が見られます。

熱帯であることから、日本の四季のような自然のリズムによる生活のリズムはありませんが、宗教が作り出す生活リズム、そして年中行事は多民族、多宗教国家インドネシア人の寛容で大らかな特徴を形成しているように思えます。

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|タイル床 / Tile floor

2015-07-11 (インドネシア, 住 / House, 国際デザイン・ラボ(KDL))

ジャカルタは雨季の2月頃、都市の彼方此方で頻繁に洪水になります。雨水排水インフラをほぼ川と海に依存するという都市構造が生み出す恒例のイベントです。また、道路、歩道、宅地のレベル関係が不適当なため、道路の水が宅内へ流れ込むことも良くあります。そのためか、一階の土間床、そしてそれに繋がる居室なども繰り返し起こる水害にに強いタイル床、それも廉価なセラミックタイル(磁器質タイル)が使われています。写真は、伝統市場の写真ですが、床、そして台所も同じ素材のタイルで作られています。床に限らず、壁までもタイル仕上げにするインドネシア仕様がここに見て取れます。
BN-BD757_INfloo_G_20140119014845
↓ジャカルタ洪水マップ2013
jakartabanjirmap
↓住宅の土間
IMAG1892
↓伝統市場の床タイル
RIMG1846

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|ハラルとハラム / Halal and Haram

2015-07-11 (インドネシア, 国際デザイン・ラボ(KDL), 食 / Food)

ハラル(HALAL)とは、イスラムの教え(シャリーア法とイスラム原理)で許された、「健全な商品や活動」のことの全般を意味します。そうでないものをハラム(Haram)と言います。
現地で生活をしていると、豚、アルコール=ハラム(Haram)というイメージがあり、インドネシア料理はバリ料理以外概ねハラルメニューとなります。
indonesiafood
我々消費者にとっては、この程度の理解で十分に現地で生活していけますが、厳密には、豚やアルコール以外のものでも、例えば食肉用の鳥や牛などの殺し方の手順、物流、保管方法、調理方法といった部分にまで規定が及ぶため、ビジネスで扱う場合にはさらなる理解が必要になります。下記はハラル産業の分野についての説明図です。
halalindustry

一方、ハラムについて。
バリはヒンズー教徒が多いため、牛を食べないケースが増えます。
レストランでもハラルかハラムかで客層、展開エリアが変わってきます。
中華系、日系、韓国系、欧米系は豚を提供するレストランも多く、客層は外国人のみならずイスラムでないクリスチャンのインドネシア人も多くなります。彼らは、企業のマネージャークラスであることも多いことから、レストランの価格設定も日本のものと変わらないレベルであることが多いです。
ハラム料理を出す地域は比較的集まる傾向があり、コタは中華、ブロックMは日本、ウィジャヤやスノパティは韓国、クマンは欧米、モールでさえも地域によってハラルかハラムか変わってきます。
このような店舗が集まっているエリアは価格設定も日本並みかそれ以上に高くなります。インドネシア人の客層もマネージャークラスの会社員以上のイメージとなります。
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|長袖 / Long sleeve

2015-07-09 (国際デザイン・ラボ(KDL), 衣 / Clothes)

赤道直下、熱帯のインドネシアですが、長袖を着る機会が多々あります。
結婚式などのパーティの時、バティックは長袖がフォーマル。
庶民の足、バイクを運転する時には強い日射を遮るために長袖のジャンパー。
内外の温度差10度以上の室内でも、長袖シャツ。
多くの場所で長袖が着られています。
日本人の出張者や観光客は、日本の夏服を着るケースが多く、ローカルの人々の感覚とは少しずれています。
wear

bike

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|ムスリムとクリスチャン / Muslim and Christian

2015-07-08 (国際デザイン・ラボ(KDL), 日常生活 / Daily life, KDL生活 / Life)

ジャカルタでは、イスラム教の主要なモスクとキリスト教の主要な教会(カテドラル)が隣接しており、このことが複数の宗教を許容する寛容さを示すと言われます。人口の88%がムスリム、9%がクリスチャンという構成ですが、2億5千万人の国民人口ですから、クリスチャンだけでも2千万人以上もいます。
バリ島はヒンズー教が多く、北スマトラではプロテスタントが多いといった地域偏在も見られます。
Religious_map_of_Indonesia
国民の祝日を見て分かるように、宗教がらみのイベントが多く、イスラム、キリスト、ヒンズー、仏教というように多宗教国家らしい内容になっています。その多くは儀式や記念日となっていて、各宗教への配慮が様々な国民の日常生活のリズムとバランスを保っているように思えます。その中でも。イスラムの断食明けであるレバラン、クリスチャンのクリスマスは、日本でいえば盆と正月のような長期休暇の時期となっています。
indonesia holiday

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

ツールバーへスキップ