「 歴史 / History」のアーカイブを表示中です。

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|オランダと中国 / Holland and China

2015-08-18 (歴史 / History, KDL建築 / Architecture)

東南アジアの多くの国々で共通しているように、インドネシアの建築の歴史についても植民地時代の建築(官)と華僑建築(民)、そしてヴァキュラー(土着)な建築に分類できる。

ここではジャカルタエリアでの事例を取り上げてみる。

まず、オランダ植民地時代の建築は北ジャカルタのコタトゥア(旧市街地)エリア、それもバタビア広場周辺に集まっている。表紙の写真は現在は博物館として利用されているオランダ総督府の施設。これらはインドネシアの独立後に政府や銀行、郵便局といった公共的な機能を担うようになった。ただ周辺には廃墟となって放置されている建物も目立つ。最近の建物保存再生活動とともにギャラリーやカフェに転用される事例も見られるようになってきた。

N20150802043538

N20150802043616

一方、華僑文化は商業的な分野を担い、パブリックな施設の多いバタビア広場から500M程離れたエリアに、チャイナタウンを形成している。インドネシアにおいても、他国の中華街に見られるような1階の道路側をコリドールとした商店形式が見られる。そして、それらメインストリートに直交する路地には、屋台を主体とした飲食店も見られる。

N20150802041854

AtYTyfR7WF8HmyjJCkJKDB-5xnyLyyaJsBd788yxwoZe

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

ツールバーへスキップ