「 時間 / Time」のアーカイブを表示中です。

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|渋滞時間 / Traffic jam time

2015-07-06 (国際デザイン・ラボ(KDL), 時間 / Time)

英国の車両用潤滑油メーカー「カストロール」が世界78都市での調査結果によると、「世界の大都市の中で、最も交通渋滞が深刻なのはインドネシアの首都ジャカルタ-。」とのこと。ジャカルタは年々渋滞が悪化し、大気汚染や経済活動への悪影響が顕著になっています。

そんな中で、ジャカルタの人々は、移動するための時間を距離で見込むというより、交通手段、時間、曜日などによって適時判断して移動に費やす時間を見込んでいます。これもその時々の渋滞状況により変化するので当てにはならないのですが、大体(インドネシア語でKIRA KIRA)身体感覚として的を得ていたりします。物理的な距離にかかる時間でなく、「渋滞時間」ともいうべき時間感覚。普段車を使う人でも、場合によってはバイクをつかったり、乗り合いバス、バイクタクシーを使ったり、適時工夫しながら時間をコントロールしています。

私の経験では徒歩1時間30分の距離を車で3時間かかった経験があります。歩いた方が早いですが、夜だとそれもなかなか出来ないので仕方がないのです。(笑)

wor1502090017-p1

bike

IMAG1837

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|お祈りのある生活 / Lifestyle with pray

2015-06-28 (国際デザイン・ラボ(KDL), 時間 / Time)

時間感覚というのは、地域固有のものに思えます。日本人でも地域によってその感覚が異なるように、国、そして宗教が違えば何が違うかは一緒に生活してみるとすぐ分かります。
インドネシアではその9割程度がイスラム教なので、イスラムのお祈りに則った時間ペースが支配的です。一日に5回お祈りのため、あらゆる施設にお祈り場が付設されています。仕事をしていても、それを中断してお祈りしますので10分から15分くらいは席を外します。打ち合わせの途中でも抜け出してお祈りしたりします。金曜日の正午くらいには、男性は近くのモスクまで行き、そこで45分くらい講話を聞きます。日本人の感覚としては、彼らはお祈りの合間に仕事をし、ご飯を食べ、寝るというように思えます。私たち日本人の時間感覚、仕事をするために朝起きて、合間に休憩、夕方仕事が終わって残りの時間がプライベートという一日のスケジュール感とはかなり違います。そういう見方をすると、生活空間だけでなく、都市空間の機能配置も理解できるようになります。インドネシアの時間感覚への理解が、プロジェクトマネージメントにも必要になります。
riligion-graf
pray mosque

ツールバーへスキップ