「 金融」のアーカイブを表示中です。

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

プレスリリース:SDGs開発目標に沿うESG投資対象となる日本×インドネシア・越境まちづくり事業への参加企業を募集

2017-11-19 (インドネシア, 不動産・土木・建築, 投資, 環境, 生活, 社会, 経済・産業, 都市・交通・インフラ・エネルギー, 金融)

SDGs開発目標に沿うESG投資対象となる日本×インドネシア・越境まちづくり事業への参加企業を募集

インドネシア現地法人 ミトラ国際インドネシアは2017年11月22日から、同社の海外事業部であるJPID事業部が推進する『越境まちづくり事業』において、国連の推進するSDGs(※注)に沿うESG投資(※注)への対象となる事業への参加企業を募集します。環境や社会問題に取り組む経営が、長期的な利益につながるスタンダードな仕組みとなる中で、MKIは持続可能な住宅都市環境づくりのデベロッパーとしてプロジェクトを推進していきます。

※SDGs:持続可能な開発のための17のグローバル目標と169のターゲット(達成基準)からなる。
※ESG投資:環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資。

【募集概要】

国連のSDGs開発目標に沿うESG投資対象となる
越境まちづくり事業への参加企業を下記のとおり募集いたします。

【事業背景】

人口減少・高齢化社会において、かつて高度成長期に国や大企業が先導し、整備してきた社会インフラは、その集中管理的な運営システムのあり方では、コスト面、施設の劣化など想定外に機能しない社会になりつつあります。一方、海外では市民生活を支える社会インフラ整備は、未整備のままの状態で放置されています。国連がSDGsとして2030年までの達成を目指しているように差し迫った状況です。今、このような社会課題を解決するために注目されているのがESG投資であり、対象事業へのお金を流れが企業価値を高め、新たな投資を生み出す好循環の仕組みとして期待されています。

【主催】

インドネシア現地法人 ミトラ国際インドネシア・JPID事業部

【募集時期】

2017年11月22日から

【募集対象者】

1. 機関投資家、ベンチャーキャピタル
2.マイクロ・インフラ(※)システム製品を取り扱う日本企業
3.サステナブルな事業投資をグローバルな視点で取り組みたい日本企業
4.日本×インドネシアの視点でグローバル事業に取り組みたい日本企業
※マイクロ・インフラとは水処理、ゴミ処理、オフグリッドのクリーンエネルギーなど既存インフラに依存しないインフラ。

【募集内容】

1. 自律分散型マイクロ・インフラを活用した『JPIDニュータウン』開発事業
http://www.jp-id.com/crossborder/developer.html

2. 自律分散型マイクロ・インフラを活用したポータブル建築『コンビニ・ルーム』運営事業
http://www.jp-id.com/crossborder/developer_product01.html

【応募方法】

「越境まちづくりへの参加希望の件」と明記の上、
申込みフォーム:http://www.jp-id.com/jp/contact/sformmail.php

あるいは

Eメール(webアットマークjp-id.com、アットマークは@に書き換えください)にて、
氏名、所属、連絡先をご記載の上お申込みください。

◎本リリースへのお問合せ

下記(担当者:斎藤)まで。
http://www.mitra-kokusai.com/jp/contact/sformmail.php

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

プレスリリース:参加企業募集!「まちづくり・ものづくり」企業の地域資源・経営資源を新興国インドネシアで再活用する越境アクセラレーション・プログラム

2017-04-30 (不動産・土木・建築, 国際, 国際デザイン・ラボ(KDL), 投資, 環境, 生活, 社会, 経済・産業, 観光, 都市・交通・インフラ・エネルギー, 金融, 飲食店舗, IT・情報産業)

インドネシア現地法人 ミトラ国際インドネシアは、2017年5月1日、「越境まちづくり・ラボ」越境アクセラレーション・プログラムの2017年第1期 参加企業の募集を開始しました。

◎プログラム概要はこちら。
http://www.jp-id.com/crossborder/CBD_Labo201705.html

同プログラムは、日本の経済成長を支えてきた「まちづくり」「ものづくり」企業の経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報サービス)を新興国インドネシアで再活用するためのプログラムです。海外市場をターゲットにした越境型循環ビジネスモデルの構築は、新しいビジネス展開を加速でき、ステークホルダーにWIN⇔WIN⇒WINの結果をもたらします。

同プログラムのメニューは企画から設計、施工、宣伝、展開、維持管理に至るまで、新興国でのビジネス展開と持続可能な「まちづくり・ものづくり」ビジネスを実施できるように7段階のメニューにプログラムされています。

Step 1. プロジェクト・コンセプト
Step 2. プロダクト・メイキング
Step 3. チーム・メイキング
Step 4. マーケティング
Step 5. プレゼンテーション
Step 6. デベロップメント
Step 7. サスティナブル

プログラムの詳細や参加申し込みは、「越境まちづくり・ラボ」アクセラレーション・プログラム利用案内ページ(下記)にて受付します。
http://www.jp-id.com/crossborder/CBD_Labo201705.html

◎本リリースへのお問合せは下記(担当者:斎藤)まで。
http://www.mitra-kokusai.com/jp/contact/sformmail.php

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

ふくおか経済2017年5月号に「越境まちづくり・ラボ」が紹介されました。

2017-04-27 (インドネシア, 不動産・土木・建築, 国際デザイン・ラボ(KDL), 文化, 日本, 環境, 生活, 社会, 経済・産業, 観光, 都市・交通・インフラ・エネルギー, 金融, 飲食店舗)

「ふくおか経済」2017年5月号に取材された記事が掲載されました。現在推進中の「越境まちづくり」の事業についてなど。書店にてご覧いただければと思います。

mitra のプロフィール写真

投稿者: mitra

国際デザイン・ラボ|為替~ルピア安 Lower Rupia

2015-12-28 (ルピア安 / Lower Rupia, 国際デザイン・ラボ(KDL), 金融)

p
インドネシアは変動相場制を採用している。1997年のアジア通貨危機時は1ドル=2000ルピア程度であったが、現在は1ドル=14000ルピア前後を行き来している。2011年夏以降は世界的な金融不安、中国に端を発する景気低迷による経常収支の赤字、米国の金融緩和政策の出口政策といったことにより、ルピア安傾向となっている。但し、チャートの2015年10月のピークからのルピア高の流れは、インドネシア政府による景気対策、中央銀行による為替介入強化、ルピアの売られすぎ感というセンチメントが影響しているようだ。
にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ツールバーへスキップ